パートナーもバッチリ快眠|いびき防止グッズで生活習慣病を予防せよ

温熱で得られる効果

手

仕事や家事で長時間同じ体勢になったり、パソコンやスマホをずっと見ていると肩こりになる可能性があります。現在、国民の3割が肩こりに悩んでいると言われていて、病院や整体で治療を受けています。しかし、頑固な肩こりは整体の施術でも病院の治療でもなかなか改善しないもので、多くの人が辛い痛みを抱えて生活しています。最近、肩こりの対策として遠赤外線が注目を集めているのですが、実は遠赤外線というのは、プリズムに太陽光を通した際に確認できる赤外線の1種で、温熱の効果があることで知られています。より詳しく説明すると、遠赤外線が人の体に照射された場合、皮膚で熱が発生し、体の最深部まで温かさが伝わります。この遠赤外線から発せられる温熱によって肩こりが改善されるため、今は多くの健康グッズにも使われています。

遠赤外線は、血行促進にも効果を発揮します。体の奥まで熱が届くと血管が広がり、血の巡りが良くなります。血流が良くなると新陳代謝が促され、体の内側から温かさが体中に行き渡り、肩こりなどの辛い症状を緩和させます。さらに、遠赤外線で血流改善をすると冷え性といった症状からも解放されるため、女性特有の生理中や冷えからくるむくみなどの悩みもなくなります。また、遠赤外線は医療の分野でも使われていて、遠赤外線専門の治療器具なども数多く導入されているのです。さらに、病院での遠赤外線治療に抵抗があるという場合は、岩盤浴に行くと良いでしょう。遠赤外線の効果で体の疲れを癒しつつ、精神的なリラックス効果も得られるので一石二鳥です。