パートナーもバッチリ快眠|いびき防止グッズで生活習慣病を予防せよ

体温を上げる方法

女の人

平均体温が高いと体の免疫力が向上して病気知らずの体になれます。体の温度を上げることを温活といいますが、食事を改善したり適度な運動をする、入浴をするなど様々な方法があります。

適した枕の作り方

寝る女の人

質の良い睡眠を取ることができれば、1日の疲れをすぐ癒やすことができます。そのためには自分にあった理想の枕を使うと良いのですが、市販の枕よりもオーダーメイドの商品を注文した方が良いでしょう。

快適な睡眠をとろう

睡眠

家族やパートナーが大きないびきをかいて寝ていると、自分の睡眠が阻害されて不愉快な思いをします。翌日本人にいびきのことについて聞いても、眠っていたので覚えていないことが多く、注意をしても改善されることはありません。また、軽いいびきであれば特に問題はありませんが、起こされるほどの大きないびきをかいているなら、睡眠時無呼吸症候群を発症している恐れもあるので、ただ注意をするだけではなく一緒に改善する努力をするべきです。大きないびきを解消するためには、第一に生活習慣を正しくすることが大切です。実は、いびきの主な原因というのが肥満と飲酒で、脂肪によって体内の軌道が狭くなると、通常通りの呼吸ができなくなってしまいます。また、いびきを放置していると他の生活習慣病を発症する恐れもあるので、早急な対策が必要です。パートナーもバッチリ快眠となるでしょう。

いびきを改善する場合、生活習慣の改善とともにいびき防止グッズを併用すると良いでしょう。いびき防止グッズにはマウスピースや鼻腔拡張効果のあるテープ、スプレーなどがありますが、より効果の高いグッズはマウスピースです。いびき防止のために使われるマウスピースは医療機関でオーダーメイドで作成されるため、自分の口のサイズにフィットしてとても使いやすくなっています。しかし、オーダーメイドなのである程度の費用や時間がかかってしまいます。手軽にいびき防止グッズを使いたいのなら、マウスピースではなく鼻腔拡張テープでも良いでしょう。薬局で購入できるのですが、絆創膏のように鼻の上に貼るだけなので手軽です。

温熱で得られる効果

手

仕事などで目を酷使したり、体のバランスが悪いと肩こりに悩まされてしまいます。湿布薬を貼ったり整体に行くなどして改善するのも良いですが、遠赤外線の力を借りれば効率よく辛い症状が和らぎます。